<< 不動の滝 チョウトンボ >>

ギンヤンマ(♂)

遊水池でのトンボシリーズから、今回はギンヤンマです。
その平均飛行速度は時速60km(種によっては最大100km!)という、飛行性昆虫としては最も優れた飛行能力を持つ生物の一つでもあるため、これまではあえてレンズを向けることもなく、ただ眺めるだけの日々が過ぎていきました。
ところがこの日は勢力争い+偵察のためでしょうか、桟橋の近くで時々ほんの短い時間ではありますが、ホバリングを繰り返してくれたのです。
そこで草陰に身を潜めながら彼の行動を追い続け、どうにか飛翔の一瞬を捉える事が出来ました!
ギンという名前がありますが、実際は黄緑色の体にオスでは腰の水色のストライプが目立ちます♪
a0161836_9491061.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-07-16 09:50 | 昆虫 | Comments(6)
Commented by Angelheart at 2017-07-16 13:49 x
「ギンヤンマ」って、
今の今まで全身銀色だとばかり思っていました!(・□・;)
そんなバナナ~、という衝撃です (^○^)

それにしても、色の塗り方が大胆というか大雑把というか、
子供の「夏休みの宿題(工作)」のような(⇔繊細な)仕上がりですね^^ (*´艸`*)

最近はオニヤンマを見かけることはほとんどなくなってしまいました。
名前の由来大きさと迫力で、オニヤンマを金とすると、
それほど大きくないから「銀ヤンマ」なのかもしれませんね
Commented by alpaprisma at 2017-07-16 14:51
トンボシリーズ続きますね!
よく見るとかなりピント浅いですが。シッカリ目に合ってますね。
Commented by fotopics at 2017-07-16 18:38
☆Angelheartさん、こんにちは!
私もてっきり「銀色」なのかと思っていましたので、画像を図鑑と照らし合わせてみて、ビックリというわけです!
ホント知らない事って、たくさんありますね^^
ところでオニヤンマですが、遊水池で時々見かけます。
ただ猛スピードで目の前を通過していきますので、今のところ存在を確認するだけで精一杯です。
行動のパターンが分かってきたら、写真にもチャレンジしてみたいと思います♪
Commented by fotopics at 2017-07-16 18:45
☆alpaprismaさん、こんにちは!
数メートル先での一瞬のホバリングの時に、ファインダー中央に設定した9点のフォーカスポイントで、ピントを合わせています。
その後はひたすら連写になりますので、フォーカスがやや前後するコマが出てきます。
今回も鉄則通りに、眼にピントがきているコマから選んでみました♪
Commented by 星船 at 2017-07-17 13:43 x
おお!あこがれのギンヤンマの目にピントを合わせるとは、すご~い!さすがです。
天候により星見はお休みなので、私も先ほど麻機沼にトンボを見に行ってきました。チョウトンボが数十匹乱舞していたのに見とれていましたが、撮影の方はチョウトンボですらいまいちピントが合いません(;´д`)トホホ。
それでもウチワヤンマにショウジョウトンボなどまずまず満足して帰ってきました。
せっかく自然に恵まれた環境にいるのでfotopicsさんを参考にもっと撮影技術を磨かねば。
Commented by fotopics at 2017-07-17 16:35
☆星船さん、こんにちは!
トンボの楽園、麻機遊水池に行かれましたか!
まずはこの猛暑ですから、呉々も熱中症にはお気を付け下さい♪
ところで今回やっとギンヤンマが撮れたのですが、チョウトンボとともに、彼らの飛行時の動きはかなりランダムかつ素早いので、カメラのAF機能が追いつきません。
そこで一瞬のホバリングの際に、ファインダー中央部のフォーカスポイントでピントを合わせ、その後はカメラ任せの連写に託しております。
その成功確率ですが、今のところ100枚撮って1~2枚といった感じです。
結局大部分が失敗なわけでして、これはデジタル時代でなくては出来ない撮影方法ですよね!
ところで今週末からいよいよ新月期+梅雨空けに期待ですね!
緊急出動の際には、また宜しくお願い致します^^
<< 不動の滝 チョウトンボ >>