カテゴリ:昆虫( 23 )

ギンヤンマ(♂)

遊水池でのトンボシリーズから、今回はギンヤンマです。
その平均飛行速度は時速60km(種によっては最大100km!)という、飛行性昆虫としては最も優れた飛行能力を持つ生物の一つでもあるため、これまではあえてレンズを向けることもなく、ただ眺めるだけの日々が過ぎていきました。
ところがこの日は勢力争い+偵察のためでしょうか、桟橋の近くで時々ほんの短い時間ではありますが、ホバリングを繰り返してくれたのです。
そこで草陰に身を潜めながら彼の行動を追い続け、どうにか飛翔の一瞬を捉える事が出来ました!
ギンという名前がありますが、実際は黄緑色の体にオスでは腰の水色のストライプが目立ちます♪
a0161836_9491061.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-07-16 09:50 | 昆虫 | Comments(6)

チョウトンボ

梅雨の中休みの続く昨日も、休日の散歩&昆虫撮影のため、遊水池まで出掛けてみました。
すると池の桟橋付近でチョウトンボを発見。
ただ今回は全然水辺の草に止まってくれないので、ひたすら飛翔を狙い続ける羽目になりました。
さらに彼らの動きはかなりランダムなのと、あまりホバリングをしてくれないので、フォーカスを合わせるのが大変でした!
昆虫撮影用の条件設定にはもう少し時間がかかりそうです!
a0161836_7311299.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-07-10 07:32 | 昆虫 | Comments(8)

ウチワヤンマ

トンボの楽園、麻機遊水池で見かけたウチワヤンマです。
名称に「ヤンマ」と付きますが、サナエトンボと言う仲間でして、単に体が大柄なトンボ=ヤンマという思い込みから、ヤンマの名を付けられたに過ぎない、とネットで紹介されています。
また長時間飛行するヤンマ科のトンボに比べますと、サナエトンボの仲間はある程度飛翔したらすぐに止まって休んでくれますので、ちょっと粘れば飛翔の撮影が出来るのが嬉しいです♪
a0161836_22534766.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-07-05 22:54 | 昆虫 | Comments(6)

ミヤマカワトンボとアサヒナカワトンボ

郊外への出張の楽しみは、行き帰りの息抜きドライブにあります。
この日もサンコウチョウに会えるかと、新緑の渓流まで足を延ばしてみました。
結局サンコウチョウは鳴き声を聞いただけに終わりましたが、途中で2種類のカワトンボに遭遇。
まずこちらはミヤマカワトンボです↓
a0161836_1192938.jpg

繊細な翅に光が当たって、実に美しいトンボです。

そしてこちらですが・・↓
a0161836_1195261.jpg

翅の赤斑が目立つので楽勝かと思いきや、図鑑を探してもこのようなトンボが見当たりません。
そこで昆虫博士&本ブログのコメンテーターであるalpaprisma氏に、鑑別依頼をお願いしたところ・・。
「アサヒナカワトンボかニホンカワトンボでしょうね、両者の鑑別は難しいようです。また羽の色は3パターン有るようです。胸部が小さめでアサヒナのような気がしますが…。」との回答を頂きました。
そこでネットで調べてみますと、
①アサヒナカワトンボの亜型のうちの、透明翅・赤縁紋タイプ。
②ニホンカワトンボの鑑別には、最近ではDNA鑑定も導入されている。
③ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボが混在しているのは、静岡県,長野県,新潟県のみとのこと。
とくに③に関して、ここ静岡は特殊な地域のようですね。
このようなわけで、分類に関しては専門家の先生にお任せすることにしますが、この渓流の妖精とも言える美しいトンボがこれからも生息出来る環境の維持は、我々に課せられた重要な課題なのだと思います。
(Alpaprisimaさん、ご協力ありがとうございました!)

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-06-25 11:11 | 昆虫 | Comments(4)

ベニシジミ

近所の公園でベニシジミを見かけました。
梅雨空にその赤い色が映えます☆
a0161836_1028175.jpg


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-06-18 10:28 | 昆虫 | Comments(4)

コシアキトンボのホバリング

トンボの飛翔をカメラに収めようと麻機遊水池で修行中ですが、彼らの動きはランダムなため、鳥以上に撮影が困難です。
このコシアキトンボのオスも動きが活発なうえ縄張り争いに非常にうるさく、近くを飛来するシオカラトンボと、しょっちゅうバトルをしていました。
ただしばらく観察しておりますと、その飛翔は生息水域上の狭い範囲に限られ、さらに時々ホバリングをすることが分かりました。
そこで彼らが通過する地点にあらかじめカメラをセットして、ひたすらホバリングの瞬間を連写しました!
a0161836_17461476.jpg

a0161836_17463016.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-06-11 17:48 | 昆虫 | Comments(4)

セスジイトトンボ@麻機遊水地

昨日は仕事帰りに、麻機遊水池に寄ってみました。
あたりはすっかり初夏の陽気で、トンボ達の季節到来です!
写真は水辺で休むセスジイトトンボだと思います。

a0161836_8431466.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2017-05-25 08:43 | 昆虫 | Comments(6)

アサマイチモンジ

麻機遊水地で見かけたキレイな蝶!
名前が分からなかったので、このブログの常連のalpaさんに訊ねてみますと、アサマイチモンジチョウとのことでした。
早速のお返事、ありがとうございます^^
そしてこのチョウ、名前の由来から山間部に生息することが多いとのことですが、里の水辺にもいるのですね!
また新しい種類のチョウを写真にゲット出来て、嬉しいです♪
a0161836_9171629.jpg

a0161836_917348.jpg


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2016-08-14 09:19 | 昆虫 | Comments(4)

タイワンウチワヤンマ

前回紹介したウチワヤンマですが、その後、尾にあるウチワの形状が二種類あることに気付き、最初それは雄雌の違いと思っていました。
ところがネットで調べてみましたら、実は全く違う名前のトンボだと判明!
すなわち、ウチワヤンマのウチワは大きく、縁が黒く内側が黄色ですが↓
a0161836_2047124.jpg


その一方で、タイワンウチワヤンマのウチワは小さく、内側の黄色い部分がないのです↓
a0161836_20472064.jpg

ですから前回のトンボは、タイワンウチワヤンマでした(ここで訂正させて頂きます!)。
さてこのトンボですが、その名称からも南方から日本列島を北上してきたことが推測されます。
そしてこれには地球温暖化の影響もその一因として考えられそうですね!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2016-08-01 20:51 | 昆虫 | Comments(4)

麻機遊水池のトンボ達

昨日の午後は麻機遊水池に行ってみましたが、さすがにこの蒸し暑さのせいでしょうか、鳥影はほとんど見かけませんでした。
その代わり水辺では、トンボ達の激しい勢力争いが繰り広げられていました。
そんな彼等が枝に止まって一休みしているところを、狙ってみました!

シオカラトンボ↓
a0161836_2216502.jpg

ショウジョウトンボ↓
a0161836_22171890.jpg

タイワンウチワヤンマ↓
a0161836_2217437.jpg

チョウトンボ↓
a0161836_221813.jpg


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2016-07-25 22:18 | 昆虫 | Comments(8)