<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サグラダ・ファミリア

バルセロナと言えば、まず観光に向かうのがここ「サグラダ・ファミリア」だと思います。
天才建築家・ガウディの亡き今も、その完成を目指して着々と工事が進められている、世界遺産の一つでありますが、ガイドさんのお話では予定されている18の塔のうち現在完成しているのは8つだそうです。
近年の観光ブームが財政状況を好転させ、工事は加速度的に速まっているとは言え、完成までにはまだ時間を要しそうです。
写真はガウディが存命中に完成させた「生誕のファサード」と言われる部分ですが、キリストの誕生から初めての説教を行うまでの逸話が、彫刻によって実に生き生きと表現され、その巨大さとともに見るものを圧倒します。
なお、昨秋ここを訪れたローマ教皇ベネディクト16世によりミサが執り行われ、サクラダ・ファミリアは一般の教会堂より上位のバシリカに格上げされたのだそうです。
それにしても夏のバカンス・シーズンのため、全ヨーロッパのみならず全世界からの大量の観光客に溢れていました。

サグラダ・ファミリアの東側から池を挟んで眺める生誕のファサードの全容。
次々と観光バスが到着して、凄い人の数です。
a0161836_8553937.jpg


生誕のファサード直下からの眺めです。
その規模の大きさに度肝を抜かれます。
a0161836_8561199.jpg


キリスト誕生を祝う、迫力のある彫刻群です。
a0161836_8564458.jpg


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2011-08-29 09:10 | 街角 | Comments(4)

エル・クラシコ

このお盆休みを利用して、スペイン語で「伝統の一戦」を意味する、FCバルセロナとレアル・マドリッドとのダービー・マッチ(8月17日)を観戦してきました。
試合の開始が何と午後11時という異例の対戦でしたが、バルセロナのカンプ・ノウ・スタジアムに集まった観衆は、9万人!
その応援のみならず、相手に対する地響きのようなブーイングの迫力に、度肝を抜かれました。
試合は地元FCバルセロナが3-2でマドリッドを倒し、スーペルコパ・デ・エスパーニャを獲得。早くも今年最初の栄冠を手にしたことになります。
そして試合の2日前にイギリスのアーセナルから古巣に戻ったセスク・ファブレガスがこの試合に早くも登場。決勝点につながる流れを作るなど、攻撃にさらに厚みが加わったバルセロナ。
今年も彼らの快進撃は続きそうです。

憧れのカンプ・ノウ・スタジアム。
MES QUE UN CLUB(クラブ以上のもの)という観客席の文字が印象的!
a0161836_0324456.jpg


FCバルセロナの点取り屋、メッシ選手。
私の席からはポジションがやや遠方なのと、彼の動きが速すぎてAFでは追い切れませんでした。
a0161836_033577.jpg


味方の選手の一挙手一投足にスタジアム全体の応援がこだまします。
3階席まで観衆で一杯です!
a0161836_0332131.jpg


常にバルサファンからはブーイングの嵐の的だった、クリスティアーノ・ロナウド。
しかしそんなブーイングを一笑するような落着きと華麗なプレイは、さすが世界最高のプレーヤーとしてのオーラに輝いています。
a0161836_0334350.jpg


結局試合は3-2でバルサの逃げ切り。
メッシは2得点、そしてクリスティアーノ・ロナウドの1点も見られて大満足。
さらに終了間際での両チーム選手入り乱れての乱闘騒ぎは迫力満点。
本場のダービー戦で見せる、お互いの闘志のぶつかり合いはホント凄いです。
a0161836_034180.jpg






にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2011-08-23 00:35 | Comments(6)

語らいの時

夏の午後。
涼しい風を感じながらの、語らいのひと時。
(旧エンバーソン邸にて)
a0161836_95682.jpg

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]
by fotopics | 2011-08-09 10:08 | 風景 | Comments(4)